加齢臭とはどんな臭いがするのでしょうか。

本人が気づかない場合もあります。家族の方が伝えてあげて、会社などで嫌われないようにしてあげるといいですね。加齢臭は様々な原因で臭ってしまいますが、臭うと不潔な感じがしますし、その悪臭に耐えられなくて周りの人は遠ざかってしまいます。ぜひとも、臭いが消えるようにお手入れをすべきですね。
加齢臭がどんな臭いかといいますと、ろうそくの臭い、古本のすえた臭い、文字通りお年寄りの臭いです。毛穴が詰まってしまって発することが多いようですので、丁寧に洗浄力の高い石鹸で洗うことをお勧めします。シャワーなど、お湯をかけるだけでは臭いは取れません。そういったすえた臭いにプラスされて煙草やお酒、口や頭の臭いが混ざって何とも言えない悪臭となります。臭ってしまう、毛穴が詰まる個所は脇、胸、耳の後ろ、首の後ろ、背中が多いようです。カッターシャツの首回りもいつもきれいに洗えている状態にしましょう。汚れがついたままだと、体をきれいに洗ってもそこから臭ってしまいます。
加齢臭は男性が多いのですが、閉経期からの女性も、女性ホルモンが減ってきて、臭いだす方もおられます。本人は臭っているかどうかわからなくても、周りが感じている場合もありますから、丁寧に洗浄することを心がけましょう。
また、普段は臭わなくても、体調が悪い時、疲れがたまっている時は臭いやすいですし、高血圧や肥満など、生活習慣病を持っている方も臭いやすいので、体調管理を心がけましょう。出来る限り好き嫌いをせず、お酒もほどほどに、ストレスをためない健康的な生活を心がけましょう。様々な心掛けをしていれば加齢臭も収まってくる可能性があります。あきらめずに努力をしてみましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。