加齢臭が発生する原因

年齢を重ねていくにつれて、体臭が強くなることがあります。いわゆる加齢臭です。臭いの原因になるものは、汗腺のそばにある皮脂腺から出てくるノネナールという成分にあります。さらにそのノネナールというのは、何から出来ているのかというと、パルミトオレイン酸という皮脂の成分が過酸化脂質と結びつき、酸化・分解したことにより、生まれるものです。

ノネナールは全身から出てくる分泌されるものですが、特に頭皮がもっと多くなる傾向があるので、加齢臭対策をしたいのであれば、頭皮を重点的に行うほうがよいでしょう。

加齢臭は、おおよそ40代から臭いはじめるのですが、なぜ年齢が関係あるのかというと、前述のように皮脂の成分であるパルミトオレイン酸と過酸化脂質の結びつきにより臭いが発生することが理由です。若い頃であれば、代謝が良くて活性酸素を抑えて過酸化脂質の量が少ないので、パルミトオレイン酸と結びつく量が少なく、ノネナールも対して発生しないわけです。ところが年齢を重ねるにつれて、代謝は衰えていき活性酸素を除去することが出来なくなります。そうなれば、当然のことながら加齢臭が強くなってしまいます。

さて、加齢臭というと、男性だけがなるものというイメージがありますが、女性もまた臭うことはあります。それは、皮脂の量をコントロールする女性ホルモンが、徐々に減少していくことで、やはり皮脂が酸化してノネナールが発生するからです。

また、活性酸素の量が増えてしまうことは、年令による代謝の低下だけではなく、生活習慣も影響があります。例えば、揚げ物や肉食ばかりの食事は栄養バランスが崩れて、活性酸素を除去するビタミン不足になってしまいます。他にも睡眠不足や仕事のストレス、飲酒、喫煙といった生活習慣の乱れは、代謝には良くないものばかりです。乱れた食生活を続けていれば、それほど若いといわれる年齢にも関わらず、加齢臭の発生を招いてしまうので注意しなければいけません。

コメント

コメントを受け付けておりません。