加齢臭は石鹸で改善できる?

ある程度の年齢になると体臭が気になり出す場合があります。それが加齢臭です。加齢臭の原因は毛穴に詰まった皮脂や汗です。毛穴に皮脂や古い角質が詰まってしまうとそれが酸化してしまいます。するとその酸化物質が臭いを生じるようになるのです。そして人の汗には脂質やタンパク質が含まれています。それらが皮膚表面の雑菌に分解されて繁殖すると臭いを生じてしまうのです。つまり、このような原因から生じる加齢臭を予防・改善するためには汗や皮脂を洗い流すとともに雑菌を殺菌することが有効です。そして、有効な対策として普段の生活に取り入れやすいのが石鹸です。
加齢臭対策に有効な石鹸はいくつもありますが、その中でもおすすめなのは薬用柿渋石鹸です。この石鹸には消臭に有効な茶カテキンと柿タンニンが含まれています。茶カテキンはポリフェノールの一種で、即効性の消臭効果があります。また、柿タンニンもポリフェノールの一種で、持続性の高い消臭効果があります。そのため、この石鹸を使うことによりすぐに気になる臭いを解消するとともに、臭いの持続ケアをすることができるのです。さらに臭いの原因となる雑菌に効果的なイソプロピルメチルフェノールも配合されています。そのため、肌表面の雑菌の繁殖を防ぎ、臭いを予防することができるのです。また、保湿効果の高いヒアルロン酸やコラーゲン、オリーブ油やスクワランなども配合されています。そのため、洗い上がりもしっとりとした肌にすることで乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌を防ぐことができるのです。
このように、気になる加齢臭は毎日のバスタイムを見直すことで改善することができます。そしてその際に有効な石鹸が薬用柿渋石鹸です。消臭効果が高く、汚れを優しく落とすとともに雑菌の繁殖を防ぐことができます。そして保湿成分もたっぷり含まれているので、肌に優しく使うことができます。臭いが気になりだした時や加齢臭の予防におすすめです。

コメント

コメントを受け付けておりません。