加齢臭は石鹸で改善できる?

ある程度の年齢になると体臭が気になり出す場合があります。それが加齢臭です。加齢臭の原因は毛穴に詰まった皮脂や汗です。毛穴に皮脂や古い角質が詰まってしまうとそれが酸化してしまいます。するとその酸化物質が臭いを生じるようになるのです。そして人の汗には脂質やタンパク質が含まれています。それらが皮膚表面の雑菌に分解されて繁殖すると臭いを生じてしまうのです。つまり、このような原因から生じる加齢臭を予防・改善するためには汗や皮脂を洗い流すとともに雑菌を殺菌することが有効です。そして、有効な対策として普段の生活に取り入れやすいのが石鹸です。
加齢臭対策に有効な石鹸はいくつもありますが、その中でもおすすめなのは薬用柿渋石鹸です。この石鹸には消臭に有効な茶カテキンと柿タンニンが含まれています。茶カテキンはポリフェノールの一種で、即効性の消臭効果があります。また、柿タンニンもポリフェノールの一種で、持続性の高い消臭効果があります。そのため、この石鹸を使うことによりすぐに気になる臭いを解消するとともに、臭いの持続ケアをすることができるのです。さらに臭いの原因となる雑菌に効果的なイソプロピルメチルフェノールも配合されています。そのため、肌表面の雑菌の繁殖を防ぎ、臭いを予防することができるのです。また、保湿効果の高いヒアルロン酸やコラーゲン、オリーブ油やスクワランなども配合されています。そのため、洗い上がりもしっとりとした肌にすることで乾燥を防ぎ、皮脂の過剰分泌を防ぐことができるのです。
このように、気になる加齢臭は毎日のバスタイムを見直すことで改善することができます。そしてその際に有効な石鹸が薬用柿渋石鹸です。消臭効果が高く、汚れを優しく落とすとともに雑菌の繁殖を防ぐことができます。そして保湿成分もたっぷり含まれているので、肌に優しく使うことができます。臭いが気になりだした時や加齢臭の予防におすすめです。

加齢臭とはどんな臭いがするのでしょうか。

本人が気づかない場合もあります。家族の方が伝えてあげて、会社などで嫌われないようにしてあげるといいですね。加齢臭は様々な原因で臭ってしまいますが、臭うと不潔な感じがしますし、その悪臭に耐えられなくて周りの人は遠ざかってしまいます。ぜひとも、臭いが消えるようにお手入れをすべきですね。
加齢臭がどんな臭いかといいますと、ろうそくの臭い、古本のすえた臭い、文字通りお年寄りの臭いです。毛穴が詰まってしまって発することが多いようですので、丁寧に洗浄力の高い石鹸で洗うことをお勧めします。シャワーなど、お湯をかけるだけでは臭いは取れません。そういったすえた臭いにプラスされて煙草やお酒、口や頭の臭いが混ざって何とも言えない悪臭となります。臭ってしまう、毛穴が詰まる個所は脇、胸、耳の後ろ、首の後ろ、背中が多いようです。カッターシャツの首回りもいつもきれいに洗えている状態にしましょう。汚れがついたままだと、体をきれいに洗ってもそこから臭ってしまいます。
加齢臭は男性が多いのですが、閉経期からの女性も、女性ホルモンが減ってきて、臭いだす方もおられます。本人は臭っているかどうかわからなくても、周りが感じている場合もありますから、丁寧に洗浄することを心がけましょう。
また、普段は臭わなくても、体調が悪い時、疲れがたまっている時は臭いやすいですし、高血圧や肥満など、生活習慣病を持っている方も臭いやすいので、体調管理を心がけましょう。出来る限り好き嫌いをせず、お酒もほどほどに、ストレスをためない健康的な生活を心がけましょう。様々な心掛けをしていれば加齢臭も収まってくる可能性があります。あきらめずに努力をしてみましょう。

加齢臭が発生する原因

年齢を重ねていくにつれて、体臭が強くなることがあります。いわゆる加齢臭です。臭いの原因になるものは、汗腺のそばにある皮脂腺から出てくるノネナールという成分にあります。さらにそのノネナールというのは、何から出来ているのかというと、パルミトオレイン酸という皮脂の成分が過酸化脂質と結びつき、酸化・分解したことにより、生まれるものです。

ノネナールは全身から出てくる分泌されるものですが、特に頭皮がもっと多くなる傾向があるので、加齢臭対策をしたいのであれば、頭皮を重点的に行うほうがよいでしょう。

加齢臭は、おおよそ40代から臭いはじめるのですが、なぜ年齢が関係あるのかというと、前述のように皮脂の成分であるパルミトオレイン酸と過酸化脂質の結びつきにより臭いが発生することが理由です。若い頃であれば、代謝が良くて活性酸素を抑えて過酸化脂質の量が少ないので、パルミトオレイン酸と結びつく量が少なく、ノネナールも対して発生しないわけです。ところが年齢を重ねるにつれて、代謝は衰えていき活性酸素を除去することが出来なくなります。そうなれば、当然のことながら加齢臭が強くなってしまいます。

さて、加齢臭というと、男性だけがなるものというイメージがありますが、女性もまた臭うことはあります。それは、皮脂の量をコントロールする女性ホルモンが、徐々に減少していくことで、やはり皮脂が酸化してノネナールが発生するからです。

また、活性酸素の量が増えてしまうことは、年令による代謝の低下だけではなく、生活習慣も影響があります。例えば、揚げ物や肉食ばかりの食事は栄養バランスが崩れて、活性酸素を除去するビタミン不足になってしまいます。他にも睡眠不足や仕事のストレス、飲酒、喫煙といった生活習慣の乱れは、代謝には良くないものばかりです。乱れた食生活を続けていれば、それほど若いといわれる年齢にも関わらず、加齢臭の発生を招いてしまうので注意しなければいけません。

簡単に加齢臭が自宅で対策できる

加齢臭の対策のためにできる方法は多々ありますが、やはり専用品を使用するのが最良であり、特に加齢臭のために作られた石鹸の効能は高いです。
発生している肌に直接アプローチできる上に根源を無くすことができるため、良い変化が感じられますし買い替えて使い始めるだけという単純明快な所も優れているポイントです。
ただし、どのような物でも対策になるというわけではなく、選び方が大切でありたとえ有名なブランドであっても効かない事が多いです。
また、価格については継続的に使用するという観点から安い方が良いものの、桁が異なるほど安すぎるのは考えものです。
高い作用を持っている物を安価に手がけることは不可能ですし、肌に対する負担なども心配になってしまうので、加齢臭を徹底的に対策したいのならできる限り価格については目を瞑るようにしましょう。
そして、加齢臭の事ばかりに注目してしまうと、つい一般的な体臭の事を忘却しやすいのですが、加齢すると体臭も強くなってしますので同時に対策できるアイテムがあれば尚良いです。
そうした品を使いながら身体を洗う方法にも気を配り、中でも皮脂が分泌されやすい頭皮や耳の後部、脇や胸といった部位を入念に洗っていきます。
しかし、あまりにも洗いすぎてしまうと残しておいた方が良い皮脂まで取り除いてしまうので、過剰分泌に繋がり尚更加齢臭が感じられるようになってしまいます。
そして、日々の食事などにも気を配って対策することが求められ、摂取するものが変われば一時しのぎではなく継続的に加齢臭が和らげられるようになります。
最も症状を悪化させやすいのは欧米化してしまっている献立メニューであり、お肉などを口にする機会が多いのなら野菜をメインとし和食に切り替えてください。
さらに、運動不足に陥っていたりタバコを吸うのならすぐに禁煙したり、軽いエクササイズから始めて健康的なライフスタイルを整えるようにすると、加齢臭は驚くほど軽減されていきます。