家庭用脱毛器でお手入れ

ムダ毛のケアは女性の永遠のテーマです。私も今まで様々な方法を試してきました。カミソリで剃る方法やテープやワックスで抜く方法は、お手入れをしてもまたすぐに新しいムダ毛が生えてきてしまうのでうんざりしてしまいます。常にお手入れをし続けなければならないので、肌への負担も大きく、肌荒れや色素沈着がおこってしまいました。抜く場合は毛穴にも負担がかかり、炎症をおこしてしまったり埋もれ毛ができてしまうこともありました。

とにかく煩わしく、自己処理に限界を感じたので、数年前からは脱毛に特化した専門の美容サロンでのお手入れを行っています。私が通っているサロンの脱毛方法は、光を当てるだけの簡単でスピーディーなものです。肌への刺激も少なく痛みや熱もほとんど感じません。効果も実感していますし仕上がりにも満足しているのですが、私の通っているところは人気のサロンであるためとにかく予約が取りにくいのです。さらに、光の照射漏れでまばらに残っているムダ毛も気になっていたので、家庭用脱毛器のセンスエピを使用することにしました。

家にいながらにしてサロン並みの本格的なお手入れができるのでとてもおすすめです。私が使用しているのはコンパクトサイズのものなのですが、見た目もかわいくて、軽くて使い勝手もよく、好きなときに好きなだけ手軽にお手入れができるのが嬉しいポイントです。光の照射レベルも選べるので、お手入れ箇所に合わせて設定しています。これからも使い続けたいと思います。

脱毛器ですね毛のムダ毛を処理する、どの程度の効果が得られるものなのか

脱毛器と一口に言ってもその種類にはいろいろなタイプがあります。エステサロンで行われているような脱毛と同じように、特殊なレーザー光を使ったタイプ、ムダ毛を直接根本からカットしていくタイプ、さらには一本一本のムダ毛を地道に引き抜いていくタイプといったように内容は様々なのです。
その中でも私が実際に使用したのが、レーザー光を使用した脱毛器です。やはり痛みが少ないこと、そして肌への負担が最小限に抑えられているという点を考えると、素人の自分にはこれが適していると感じました。

結果、この選択は正解だったと思います。エステサロンの施術のように一回の施術ですぐに効果がでるというものではありませんでしたが、毎日でも自分のペースで続けることができますし、使用から数週間で何となくすね毛が薄くなってきた気がします。

エステサロンだとどうしても毎回の施術に数千円、これがコースだと数万円、数十万円と費用が発生します。その点、家庭用の脱毛器であれば一度、マシンを購入してしまえばその後は一切費用が発生することがないので、コスト面でも安心です。

もちろん、評判の良い脱毛器、効果が高いとされている商品はその分値も張りますが、通販サイトを活用すれば割引などが適用されますし、場合によっては分割払い、カード払いという選択も可能です。実際、私も分割払いでその費用負担を最小限に抑えることができました。やはりエステサロンではできない方法だと思います。

湿疹が出来てるけど・・脱毛器を使ってもいいかな?

家庭用脱毛器デビューした私は嬉しくてあちこちの部位の脱毛に励んでいました。
が、一か所湿疹のある場所が・・脱毛器を使ってよいのか不安に思いました。
湿疹といっても赤くはれたり、ぶつぶつが出来てしまったり、アトピー性皮膚炎の一種だったり色々な種類や原因があるかとは思いますが、私にその時できていたのはふくらはぎの一部で、かさかさとしたものでした。じゅくじゅくした感じなら迷わずやめるのですが、乾いているしな・・出来るかも?と考えてしまいました。

でも結論は、やっぱりやめた方がよい!脱毛器の説明書にもしっかり書いてありました。やはり脱毛するには湿疹などのない健康な肌であることが基本ですなのですね。私のかさかさ湿疹は原因が分かりませんでしたが、脱毛器による照射という刺激を与えてしまうことでどのようなさらなる皮膚トラブルを招いてしまうか分かりません。

 今回はかさかさ湿疹のある足は脱毛器具の使用を我慢しました。その部分だけ避ければよいかな?とも思いましたが、近くを照射して肌を刺激することで、湿疹部分が悪化したらきれいな肌を目指して脱毛しているのに本末転倒になっちゃう!と考えました。全身脱毛までには結局長い時間をかけて何度も照射を行うわけですから、他の場所をやっているうちに湿疹も治るかな・・と焦らないことにしました。
治ったかな?もう脱毛器の使用を開始しても大丈夫かな?となった頃には、皮膚科医に相談してみようとも思っています。